*

現在業者から督促を受けている方

公開日: : 最終更新日:2015/03/12 覚えておきたい必要事項

いま現在貸金業者から督促を受けて
いる、と言う方もいらっしゃると
思います。

過払い金請求が現在のように一般的
になる以前は、所謂準大手と
言われる業者の一部には支払いが
延滞した状態で契約者と数日連絡が
取れないだけで、何度も自宅まで
訪ねて来たり、電報で督促が届く
場合もあったようですが、支払いが
遅延している事実がある以上これは
業者に利がありますのでどうしよう
もないです。

業者が当時かなりの高利で貸し付け
をしていたにせよ、それを承知で
契約し、支払いが遅れることは契約
違反となり借りた側が何らかの連絡
するのが筋ですから仕方が
ありません。

すでにこのような状況になって
いれば、もはやすぐに解決する
見込みがないことはご自身が一番
分かっていらっしゃると思います。

現在、業者からの督促の対応で
悩んでいらっしゃる方はとにかく
1日も早く専門家のアドバイスを
受けることをお薦めします。

弁護士・司法書士事務所に相談の上
過払い金請求手続きを依頼する事
が決まれば業者からの諸々の督促は
即日停止します。

しかし今現在支払い遅延が生じて
いても、弁護士・司法書士に依頼
せず、今後過払い金請求をご自分
だけで行おうと考えていらっしゃる
のなら、業者の督促は今後もずっと
債務がなくなるまで続くということ
を覚悟しておかなければ
なりません。

あなたが今後も時間稼ぎを続ければ
近い将来法的措置を執られることに
なるでしょう。

当然日常生活に支障も出てきます。

ご家族に隠し続けることなど当然
出来ません。

職場にも電話がかかってきます。

通常、任意整理や個人再生手続きを
弁護士・司法書士に依頼する際には
業者一件あたりにつき所定の着手金
を支払う必要があり、その点が
債務者にとってすぐに行動を起こせ
ない大きな理由の一つとなっている
のですが、過払い金請求を前提と
して債務整理をしていくということ
であれば着手金不要で弁護士・司法
書士に依頼出来る場合もあります。

お金の問題は放置しておいても、
決して自然に解決することは
ありません。

今後のあなたの人生において、何も
良い事はないのです。

さあ今すぐ行動を起こしましょう!

とにかく弁護士・司法書士事務所に
一度相談してみてください。

もう不安を抱えて毎日を過ごすのは
止めませんか。

 

関連記事

no image

あなたが望むこと

弁護士・司法書士などの専門家に 依頼しようと決めた際に、依頼人 としてあなたが第一に望むことは

記事を読む

no image

過払い請求に必要な書類

このブログのタイトルが過払い金 請求必要書類ですから本来は最初 に取り上げるべき問題でしたね。

記事を読む

no image

弁護士・司法書士事務所ごとに異なる 「過払い金請求」の方針

過払い金請求の方針は依頼先の 弁護士、司法書士事務所によって 千差万別です。 人手が足りな

記事を読む

no image

過払い金推定計算の正当性

これからご自分で過払い金請求を してみようという方への注意事項 です。 とりあえず業者から

記事を読む

no image

業者が吸収合併、商号変更等している 場合

以前取引していた業者が、当時の 社名を変更していた場合、過払い金 返還請求先をどこにすればよい

記事を読む

no image

過払い金の計算方法

過払い金の計算方法は1つでは ありません。 請求できる額が最も大きくなる 計算方法は,有利

記事を読む

no image

総量規制とは

総量規制対象外という言葉を巷で よく聞くようになったのは2010年 6月頃からです。 その

記事を読む

no image

過払い金請求と信用情報の関係

過払い金請求をすることで所謂 ブラックリストへの影響があるの ではないか、新たな借り入れが で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
あなたが望むこと

弁護士・司法書士などの専門家に 依頼しようと決めた際に、依頼人 と

no image
現在業者から督促を受けている方

いま現在貸金業者から督促を受けて いる、と言う方もいらっしゃると

no image
総量規制とは

総量規制対象外という言葉を巷で よく聞くようになったのは2010年

no image
自己紹介

管理人:ひで 50代 男 20代後半から給与所得とは別に 自営

no image
過払い金推定計算の正当性

これからご自分で過払い金請求を してみようという方への注意事項 で

→もっと見る

PAGE TOP ↑