*

過払い請求に必要な書類

公開日: : 最終更新日:2014/12/25 覚えておきたい必要事項

このブログのタイトルが過払い金
請求必要書類
ですから本来は最初
に取り上げるべき問題でしたね。

このブログでは私個人の経験や
検証した事実をお伝えしている訳
ですが、私としては個人での
過払い金請求は推奨して
おりません。

しかし、過払い金請求を何が
何でも個人で実現させようという
強い決意の方でも下記に記したもの
は必要となりますのでぜひ参考に
してください。



・これがなければ始まらないもの

過払い請求をするにあたり必ず用意
しなければならないのが、「過払い金
請求対象業者すべてとの全取引履歴」
です。

あなたと貸金業者の間でいつ頃から
どんな内容の取引がされてきたのか
を客観的に示すことが出来なければ、
過払い金が生じているか否かを確認
することが出来ません。

とはいっても、ご自分の手元の
資料や記憶だけで一覧にすることは
不可能です。

それではどのようにすれば良いで
しょうか?

貸金業者やクレジットカード会社に
取引履歴の開示を依頼すれば
取引履歴を送ってもらえます。

取引履歴を用意しないことには、
過払い金の引き直し計算が出来ません。

しかし業者によっては誠意のない
対応でなかなか取引履歴が用意
できない場合もあるようです。

確実な引き直し計算と過払い金の
回収を望むのであれば、弁護士・
司法書士などの専門家へ相談するのが
得策です。

最近の過払い金回収事情を考えると、
「過払い金返還請求訴訟」を起こさ
なければ過払い金の満額回収が難しく
なって来ていますのでやはり専門家の
介入は必要でしょう。

弁護士・司法書士に依頼せずご自分で
過払い金請求する場合はすべての業者
に対して個別に請求の上取引履歴を
用意し、引き直し計算をして、必要に
応じて「過払い金返還請求訴訟」を
して行くことになります。

・あれば良いもの(無くても可)

契約書やATM取引時の明細、業者
からの督促などの書面など。

業者との取引に関わる書類なら何
でも良いです。

取引履歴はどうしようもないですが
それ以外の書類書類がまったく無い
場合でもご本人の「氏名」と
「生年月日」さえ証明できれば請求
は可能です。

繰り返しになりますが個人での
過払い金請求は困難が伴います
ので、ほかの記事と重複してしまい
ますが専門家のアドバイスを受け
ながら過払い金請求を行うことを
お薦めします。

関連記事

no image

過払い金請求と信用情報の関係

過払い金請求をすることで所謂 ブラックリストへの影響があるの ではないか、新たな借り入れが で

記事を読む

no image

あなたが望むこと

弁護士・司法書士などの専門家に 依頼しようと決めた際に、依頼人 としてあなたが第一に望むことは

記事を読む

no image

業者が吸収合併、商号変更等している 場合

以前取引していた業者が、当時の 社名を変更していた場合、過払い金 返還請求先をどこにすればよい

記事を読む

no image

過払い金の計算方法

過払い金の計算方法は1つでは ありません。 請求できる額が最も大きくなる 計算方法は,有利

記事を読む

no image

弁護士・司法書士事務所ごとに異なる 「過払い金請求」の方針

過払い金請求の方針は依頼先の 弁護士、司法書士事務所によって 千差万別です。 人手が足りな

記事を読む

no image

総量規制とは

総量規制対象外という言葉を巷で よく聞くようになったのは2010年 6月頃からです。 その

記事を読む

no image

現在業者から督促を受けている方

いま現在貸金業者から督促を受けて いる、と言う方もいらっしゃると 思います。 過払い金請求

記事を読む

no image

過払い金推定計算の正当性

これからご自分で過払い金請求を してみようという方への注意事項 です。 とりあえず業者から

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

no image
あなたが望むこと

弁護士・司法書士などの専門家に 依頼しようと決めた際に、依頼人 と

no image
現在業者から督促を受けている方

いま現在貸金業者から督促を受けて いる、と言う方もいらっしゃると

no image
総量規制とは

総量規制対象外という言葉を巷で よく聞くようになったのは2010年

no image
自己紹介

管理人:ひで 50代 男 20代後半から給与所得とは別に 自営

no image
過払い金推定計算の正当性

これからご自分で過払い金請求を してみようという方への注意事項 で

→もっと見る

PAGE TOP ↑